結婚相談所にてお見合いを経て仮交際と真剣交際という言葉をカウンセラーの方からだったり、SNSの婚活アカウントの方が発言しているのを見たり聞いたりする、という方もいらっしゃるかと思います。

仮交際も真剣交際も” 交際 “というワードが入っているのだから同じなのではないか?なんて思う方もいるでしょうし、初めて結婚相談所にて婚活をするという方にはあまり馴染みのない言葉ですよね。

そこで、今回は気になる仮交際と真剣交際の違いについて注目していきたいと思います。

 

仮交際とは?

簡単に言うと仮交際というのは、お互いにまた食事など会う機会を設けてもいいかな?と思い合える関係性といわれています。

お見合いを終えてからお互いに連絡先を交換し、食事やデートの約束をする関係であり、仮交際と呼ぶ人もいれば、プレ交際と呼んでいる人もいます。
この仮交際(プレ交際)というのは、複数人との同時進行がOKなので、多くの婚活ユーザーは複数人との仮交際(プレ交際)の関係に持っていく方が多いです。

お見合い後、仮交際へ進むためには当日の夜もしくは翌日に電話をし、それが仮交際のスタートとも言われています。
仮交際に進むことができたということは、ご自身が相手に好意や好印象を抱いているだけではなく、同じように相手からも好意や好印象を抱かれているということです。

複数人と仮交際を進めていくなかで、お見合いでは知りえなかった相手の中身をしっかりと見極め、合わないなと思えば仮交際を解消することもできますし、その際は相手に誠意を持ってお断りする必要があります。

一人ひとりとしっかりと向き合うことによって、将来一緒にいるイメージが掴める人もいれば、ちょっと価値観が合わないなと感じる人も当然出てきます。

お断りする際は、結婚相談所を通じてお断りをするので、嫌な思いをすることもありませんし、こちら側が気まずい思いをすることも勿論ないのでご安心ください。
ただし、複数人との仮交際がOKとは言っても、ご自身で管理しきれる人数でなければいけません。

AさんとBさんが混ざってしまう、といった失礼な行為は絶対にNGですし、相手からしてもせっかく知り合えて好意を抱いたにもかかわらず、この人は適当な人なのかな、とマイナスな印象を抱かれてしまい、仮交際を解消されてしまう、なんて事態にもなりかねません。
新たな人と仮交際することも可能ですが、最終的には1人に絞らなければいけないということを念頭に、しっかりと向き合っていきましょう。

真剣交際とは?

続いて真剣交際についてですが、仮交際の次のステップとなります。

複数人と仮交際して人柄などを見てから、やっと1人の人に絞ることができて、初めて結婚前提のお付き合いを意識するようになっていきます。
人によっては初めてのデートの時点で結婚を意識するようになる、という方もいますがそれもやはり個人差があり、何度もデートを重ねて結婚を意識するようになる方も勿論います。

ふたりで食事などをする仲から彼氏彼女という本当のカップルへ進むというのは、なかなか一歩が踏み出しにくいと考えてしまう方がいるのは勿論、本当にこの人で大丈夫なのかなと不安を抱いてしまう方もいらっしゃいます。

そして真剣交際がスタートすると当たり前ですが、ほかの人を紹介してもらうことだったり、新規のお見合いのセッティングをすることができなくなります。
仮交際の期間を経ていざ真剣交際へ…と繋げていく目安というものもあるので、参考にしてみてくださいね。

*デートを3回から8回程度重ねている
*仮交際期間が2か月程度
*お互いに結婚への気持ちが前向きになってきている
*相手のことを知り、マイナスな方に違和感がないこと

なかなかどのタイミングにならない為にも、目安ではありますが参考にして今後の関係を考えていきましょう。

原則として真剣交際への打診を行うのは男性サイドとなっており、その人らしさだったり、交際への真剣さなどを伝えられるような言葉やシチュエーションを選ぶと良いです。
そして勿論、ご自身の担当のカウンセラーには報告は必要ですし、途中経過として現在はこのような感じです、といった報告や相談なども行うと良いでしょう。

ちょっとしたことが気になる、といった状態でもまだ入会している状況ではあるので、担当カウンセラーに相談することは可能ですし、お互いのカウンセラーを通して気になることなどを聞いてもらうこともできるので、とても有難い存在になることは間違いありません。

また残念ながらお別れをする、という結末になったとしても、トラブル回避の意味もあって担当のカウンセラーを通して伝えるという形になります。
普通であれば当事者同士で話すことも、結婚相談所を経由してお付き合いが始まったということもあって、別れる際も結婚相談所を経由することとなります。

似ているようで全然違う交際のカタチ

今回は仮交際と真剣交際の違いについて紹介してきました。

言葉としては似ているようでも、実質は全然違う交際の方法であることを理解していただけたかと思います。
複数人と関係を結ぶことのできる仮交際は、簡単に言えば2人きりで食事に行くだけの仲ですし、いつでも簡単に解消することが可能です。

真剣交際は、たった1人としか関係を結ぶことができず、当然新規の出会いを紹介してもらえないですし、別れる際も結婚相談所を経由します。

どちらも結婚相談所を経由して関係を締結しますが、結婚前提なのかそうではないかという違いになること、真剣交際へのタイミングも目安としてあること、今まで知らなかったという方も多くいらっしゃるでしょう。

初めて婚活をする方にとっては戸惑うことも多いですし、いざとなると思っていたのと違うなんて思ってしまう方もいると思います。
しかし、担当のカウンセラーがついているので関係を結ぶ際、解消する際もトラブル回避の意味も込めて間にしっかりと入ってくれます。

なかなか自分から言いにくいと思う方も、カウンセラーが相手の担当カウンセラーに伝えてくれるので、恐らく言葉を選んでくれますし、お互いに嫌な思いをして別れるということもないかと思います。
これから仮交際に進む方、真剣交際を考えている方、まだ入会したばかりの方、いろんな方がいるかと思いますが、是非参考にしてみてくださいね。

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。