お付き合いしている相手を親に紹介するとき。
もしかしたら、今までの人生で一番緊張する場面なのかもしれません。
いざ、勇気を持って紹介しても、彼との結婚を親に反対されると、すべてのことが思うように進みませんよね。
ショックでどう対応すればいいのかもわからず、間違えた対処をすれば自体はさらに悪化してしまうなんてこともあるのでは・・・
今回は両親に反対されても結婚をスムーズに進めるための上手な対処法について調べてみました。

親の話をきちんと聞く

せっかく一大決心をして親に紹介したにも関わらず、頭ごなしに反対されると、ついこちらもむきになって喧嘩腰になってしまいがちです。
それではお互いに歩み寄ることはできません。

一度気持ちをぐっと抑えて両親の気持ちを聞いてみる時間を作りましょう。
両親なりの理由や考え方があり、どうして反対なのかを聞くことで自分たちがこれからどう行動をすればいいのかが見えてきます。

いままで二人には見えていなかった事柄や、結婚するにあたっての心配事などが鮮明になってくるかもしれません。
頑なに周りの意見を聞かないのではなく、ここは落ち着いて聞く耳を持ちましょう。
結婚生活の大ベテランでもあり、人生経験豊富な親ならではの指摘があるかもしれません。それによって、今後の方向性・やるべき事が見えてくるはずです。

将来のビジョンを明確にする

収入面の不安から反対されていたり、学歴のことで反対されている場合は将来のビジョンについてもう一度パートナーと話し合い、親を納得させられる方法や話をすべきタイミングを見計らって、慎重に話をもっていきましょう。
漠然とした話では親をさらに不安にさせてしまうだけです。
なのでできるだけ具体的に話をすることが大切です。
今は収入が低くても、その後給料面が高くなる可能性や、彼の会社の将来性・仕事内容についてきちんと説明をすることがとっても大事です。

彼が直接話をすることで、彼の真剣さや人間性が伝わりやすくなるでしょう。
親も何回か会って話をすることで、本当の彼の姿を見抜いたり、男としての器を感じることができます。

また将来につながる資格などを取るために努力していることなどを両親にアピールすることも効果的です。
何事も前向きに考え、前向きに行動する姿は、応援したくなりますよね。

周りから巻き込んでいく

両親に反対されている時、二人だけで立ち向かうのではなく、ジワジワと味方を増やしていくことも効果的です。
父親が反対しているのであれば、まず母親にも味方になってもらう。
これはよく聞く話ですね。

彼の長所や人間性、どこが何故好きなのか?などを理解してもらい、一緒に説得してもらうことも効果的です。
さらに兄弟がいれば、兄弟に対しても彼の好感度を高めていくといいかもしれません。

親ならば、自分の子供が選んだ相手を嫌う必要などないのです。
何かしらひっかかったりする理由があるから反対しているのですから、焦らずゆっくりでいいので解決し、分かってもらえるように努力していきましょう。

彼を両親に合わせる

話だけ伝えても両親に反対されている場合、1度彼を実際に会わせてしまうのも効果的です。
実際に彼とあって話をしてもらうことで彼に抱いていた印象が変わったり、見えていなかった彼の良さや人柄が伝わるかもしれません。
会ってみて自分の目で確かめたほうが、すべてのことが一瞬で感じとれることもあります。
その際はきちんとあなたが間に立って、彼と両親のクッション材になるように取り持つことが大事です。

わかりやすいエピソードを添える

両親が彼に不信感を抱いていたり、信用できないような理由で反対しているのであれば、ただ自分たちの決意や思いだけを伝えていても状況は好転しません。
両親に彼の人柄が伝わりやすいようなエピソードを交えながら彼を紹介し、納得してもらえるようにわかりやすい話し方を心がけましょう。

両親はあなたのことが大切だからこそ反対しているというのを常に頭において、根気強く説得していくことが大切になります。
誰よりも一番に子供の幸せを願っています。
だからこそ、結婚で失敗してほしくないですし、悲しい思いはさせたくないのです。

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。