恋愛して結婚して出産する。
そして、新しい家族が仲間入りする。
一見すると、とても幸せな道を歩んでいるように見えます。
だけどフタを開けて見てみれば、結婚や育児には独身の頃にはなかった制限や我慢、ストレス、不満などで溢れています。
出産まで経験した女性の中には、同年代なのにまだ自由奔放な独身の友人を羨ましく思う人もいるようです。
幸せなはずなのに、何でこんな気持ちになるのでしょうか??

今回は、夫婦の永遠のテーマでもある家事育児について探ってみました。

子供を産んでガラリと変わる生活

みなさんも、大恋愛してやっと結婚して、愛する人と2人で暮らす時代はとても幸せに満ちあふれていたでしょう。
お互いに思いやりをもち、相手のために尽くそうと一生懸命に頑張れるのです。
とくにずっと親元にいた人は、結婚生活そのものがとても新鮮で、何をするにも二人、楽しい時間だと思います。
例え苦しいこと辛いことがあっても、決して弱音を吐かず隣にいる愛しい人のために頑張るのでしょう。

ところが子供ができるとその状況は一変します。
出産した途端に妻は今までの夫優先の暮らしから、子供優先の暮らしに変わってきます。
「女」であることを忘れたのか捨ててしまったのか一気に「母」になるのです。
きっとその変わり様に戸惑う夫も多いのでは?
でも実際は仕方ないことですね。

女性自身は忙しい毎日に追われ、自分がそのような姿になっていることすら気付かないようです。
そして子育ても一段落したとき、ふと振り返ったり、身近な家族や友達の姿を見て、自分もそうだったのか。。と気付くものです。

一方で夫は特に何も変わりません。
男性の育休が取得できるようになったとしても、まだまだ育児は女性が中心の時代。

夫は朝早くから仕事に行き、家に帰れば用意された食事を食べて、お風呂に入ってさっさと寝る。
こんな毎日の繰り返しです。
女性は終わりが見えない家事+育児、さらに人によっては仕事も辞めないで続けています。
仕事を続けるということであれば、毎朝出勤前に子供を預ける準備や送迎があります。
自分の身支度以外にやることは山のようにあるのです。

女性は負担が増えるというのに、男性は何も変わらない。
そのことに憤りを感じている女性も多いでしょう。だけどちょっと待って下さい。
肝心な夫の方は、本当のところ育児中の妻をどう思っているのでしょうか?

意外と妻を気にかけている

妻と小さい子供がいる男性の本音はどうなのでしょうか。
食事の用意、家を清潔に保つこと、そして育児。
今までとは違い、まったく自分の時間、自由時間なんてありません。

24時間、寝る時間も惜しんでせわしなく家族の為に働いているように見える妻を見て、夫も感謝しているものです。
妻は育児に慣れないながらも、限られた時間を上手に使い、子供のお世話から始まり、掃除・洗濯・買い物・食事の準備など本当に毎日必死でこなしています。

子供が眠りについてやっと少し一人の時間が確保でき、ゆっくり考え事など出来る状態だと思います。
子供が寝た後にテレビを観たり、音楽を聴いたり、読書をしたり、、と自分の時間を持ちたいと思っている女性もいます。
しかし一日中動きっぱなしで疲れてヘトヘト、考え事をしようと思っても寝落ちしてしまった。。という人がほとんどではないでしょうか?

毎日必死でこなす妻。
必死だけど、誰にも助けを求めず一人でこなしてしまう。
女性は器用なので、大変だと思っていても多くのことを同時に出来てしまうのです。

だけどそれが当たり前になってくると、感謝の気持ちが薄れてしまうもの……。
人は幸せを感じ続けると、幸せのセンサーが鈍くなるといいます。

最初は頑張っている妻をいたわるつもりで家事や育児を手伝うものの、次第に手伝わなくなるのはそのせいかもしれません。
これは夫が悪いとか気が利かないとかではなく、人間のメカニズムなので仕方のないことみたいです。

妻が何も言わないと「自分が余計な事をしなくても、特に手伝わなくても出来ているんだ。」と夫は思い込んでしまいます。
よくよく考えたら、最初は夫も協力的だった!夫はいつの間にか家事育児から遠ざかっていた!と何処の家でもそうなのかもしれません。
すでに夫の家事育児参加を諦めている家庭も多いはずです。。

では、そうならないためにも最初が肝心です。

●家事育児の担当、当番を決める。
●妻も働いている時代、なるべく家のことは平等に分担する。
●感謝の気持ちや自分の思いをきちんと言葉にして伝える。
●言わなくてもわかるでしょ・・ではなく、自分の希望や要望ははっきり伝える。
●コミュニケーションをきちんととる。

これらのことを結婚した当初から意識的に行っていれば、夫に対して家事育児であれ??
こんなダメな夫だったの??と思うことは少ないはずです。

子供との接し方が分からない

そして育児に関しては、夫は自分のお腹で育んだ命ではないため、すぐに父性が芽生えることはなかなかありません。
初めてのこと、触れたら壊れてしまいそうな小さな命に戸惑い、どう接していいかわからない、というのが夫の本音です。
休日きちんと父親として子供と遊んであげようと思っても、妻は可愛い子供を連れて実家に帰ってしまう。。
妻としては我が子の成長を両親に見せたい、自分も週末くらい実家で休みたいと思っているのです。

そして母親である妻を休ませようと思っても、何をすればいいのかわからないのが事実です。
とくに子供がまだ小さい時は、遊びの種類や行動範囲が狭いのもあり、母親と一緒に遊ぶ時間のほうが多いです。
ダイナミックに外で遊んだり、サッカーやキャッチボールを教えて遊ぶには少し大きくなってからですね。

簡単に言うと、同じ育児1年生でも、妻は得意な子、夫は苦手な子という感じでしょうか。
夫も何かのキッカケで育児が得意になり自信を持てば、早いうちに父性が芽生え、育児に参加することが楽しい!と思えるようになるでしょう。

ただその方法を知らないだけです。

できるだけ子供が小さいうちに、夫と子供だけで過ごしてもらったり、夫に小さな遊びにも付き合ってもらってみて下さい。
きっと苦手意識があった育児も、自分なりに楽しめるようになるのではないでしょうか。

家では妻が夫をコントロールする必要がある

このように、夫が家事や育児をしなくても冷たい人間・責任感がない人だというわけではありません。
夫も夫で悩み、どこかで妻の助けになりたいと思っているものです。

妻の負担を減らし、夫にも家事育児に参加してもらうためには、家の中では妻が夫をコントロールする必要があります。

どの家事を手伝ってほしいのか、子供とどう遊べばいいのかを簡単に伝えるだけでいいのです。
その伝え方にもポイントがあり、押し付けるような強い口調や命令口調で言えば反発されるのは当たり前。
ですので、くれぐれも優しく穏やかに夫を立ててお願いしてみましょう。

可愛らしい「女」だった頃の自分を思い出して、彼氏におねだりする気持ちで伝えるのがコツです。

家庭には男女両方とも必要不可欠なのです。
一家に男が二人居ても、上手くいきません。
夫婦の役割を全うし、2人で協力して互いに思いやれる家庭にしていってください。
まだ遅くはありません!
ぜひ時間があれば子供がいないときにでも、二人で家事育児について、ゆっくり話合ってみてください!

 

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。