女性であれば、男性にいつまでも愛されたいものですね。
一般的には、男性よりも女性の方がいつまでも「チヤホヤされたい欲」が強いのだそうです。

特に自分が好意を寄せている男性であれば、ずっと尽くしてもらいたいって思いませんか?
でも女性の中には男性に尽くすタイプの女性もいます。

それが幸せの形であれば良いのですが、「わがままを言うと嫌われるかも」「自分勝手な女だと思われるかも」「自分を抑えて彼に合わせないと嫌われる」という不安から男性に尽くしているのであれば、そんなことはもうやめましょう!

実は「何でもあれこれ自分の為に尽くしてくれる女性が理想」というのは大間違いなのです。
そんな風に思い込む必要はありません。
できれば尽くしてくれる女性がいいかな、程度に思っている男性もいるかもしれませんが、みんながそうではありません。
それは昔からの理想的な母親像であり、そんな理想を持っている男性はマザコンに近いかもしれません。

では、結局どんな女性が男性に愛されて、幸せになれるのでしょうか?
それはズバリ、「可愛い鬼嫁」なのです!

よく既婚男性から、「うちは鬼嫁で、どんどん強くなって・・」と聞くことがあります。
しかし、よーく聞いているとそのような夫婦関係が心地よくもあり、鬼嫁になっている奥様が愛おしくもあり、絶対的な信頼をおいているようです。
奥様が鬼嫁!という夫婦ほど上手くいっているのは間違いありません。

「男に遠慮する女」はもう昔の話

昔は、女性は家事と育児を100%背負って生きてきました。
昭和の母親世代はみんなほとんど専業主婦だったのではないでしょうか。

家系や子孫の繁栄のためには、そういった女性の役割が必要不可欠だったのです。
「女性」というよりも「母親」という言葉がピッタリで、そんな女性が必要な時代だったのかもしれません。

しかし、現代人の生き方は十人十色になっています。
結婚しない人も、結婚しても離婚をする人も、結婚しても子供を持たないカップルもいますよね。
結婚という形式にとらわれないカップルも多いのではないでしょうか。

女性も「家系」という固定観念を捨てて、自分自身の幸せを追求する時代だと思いませんか?
昔のように、全部男性に主導権があり(旦那様)に決めてもらわないといけないような古い時代は終わったのです。
男性に遠慮して、自分を抑え込む女性は今の時代は愛されません。

女性は生涯男性に尽くして、相手の男性に合わせて生きていく=幸せ。と考えている女性がもしもいるのであれば、、、自分の人生です、一度じっくり見つめ直してみて下さい。

あなたもそろそろ「男に遠慮する女」を卒業しませんか?

適度な「ワガママ女」が可愛いワケ

さて、先ほど紹介した「可愛い鬼嫁」とはどういう女性だと思いますか?
「鬼嫁」と言ったら、怖くて強くてキツイというイメージがありますよね。

「可愛い鬼嫁」とは・・・自分の意見をしっかり持ち、ワガママでありながらもしっかりとしたブレない芯があり自分を持っている賢い女性のことです。
支離滅裂なワガママを言ったり、空気の読めない自由奔放な女性だとただの自分勝手な女性になってしまいます。
また、何でも男性の言うことを聞いて、しっかりしているだけの女性だとただの真面目でつまらない女性になってしまいますね。

この2つを上手く合わせ持つ人こそが、愛される女性なのです!!

家事や育児をテキパキとこなし、お金の管理も任せられるようなしっかりした女性。
時には鬼嫁のように男性を𠮟咤激励し厳しいことも言う、その分男性をよく理解しているので、賢く上手に振舞うことができます。
怖い鬼嫁というだけではなく、ときには可愛い女子の部分も出し彼を上手く転がします。
賢い鬼嫁は家の中では、厳しい一面や可愛い一面を上手に使い分けることにより、様々な家庭の問題がスムーズに行くことも多いはずです。

親戚や家族の前、友達や同僚の前では、彼を立てることを忘れず、いい嫁を演じます。
そして家の中では、彼に対して可愛いワガママを言ったり、時には毒を吐いたり。。とても必要なことですね。
時には本性を出しつつチャーミングな一面がある女性は、一緒にいても飽きませんよね。

今の時代、そんな女性が家庭に必要とされています。
だけど家庭に必要なだけで、愛されるとは限りません。

愛されるためには、ほどよく・あざと可愛く・賢くが鉄則です。

わがままな女性は悪いイメージを持たれやすいですが、実は男性の本能をくすぐる存在でもあります。
男性は「自分のもの」と認識しているものを守りたい、幸せにしたい欲求が強く、女性のワガママに答えてあげたいと思うのが、男心だと思います。
つまり、昔から男性は生まれつき尽くしたい生き物なのかもしれません。

なので、男性に対して気を遣い過ぎたり、あえてワガママを抑える必要はありません。
ただし、わがままと自分勝手は別物です。
時には相手のわがままを聞いてあげて、自分のワガママも可愛く伝え、おねだりしましょう。
その比率は相手2、自分8くらいで男性は満足するのかもしれませんね。

あざとい可愛さと自由奔放な面、真面目な面を備え持つのが「可愛い鬼嫁」です。
それが、結婚後も最後に選ばれる愛され女性なのかもしれません!

長い間上手くいっているカップルや仲良し夫婦は、きっとこんな感じなのではないでしょうか?
女性の部分と母親の部分を上手く使い分け、パートナーを上手く転がし、上手く操っているのでしょうか。

結婚したからといって、女の武器を封印したり控えたりする必要は全くありません。
どんどん上手に使い分け、自分らしさを忘れずに自分を大切に過ごしましょう。
そして、いつまでもパートナーを飽きさせない関係を目指していきましょう!

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。