よく「自分は運が悪くて・・・」「自分はついてなくて・・・」と嘆く人がいますが、運なんて誰にでも平等に回ってくるものだと思いませんか?
でも、同じようにやってくる運を手に出来る人と出来ない人がいるのは何故でしょうか?

きっと精神的に後ろ向きでネガティブな精神状態だと、せっかくやってきた運を取り逃してしまっています。
気持ちがネガティブな時は自分の事で精一杯。
外からの情報をキャッチする心の網がとても粗くなっているものです。

いつやって来るか分からない運をキャッチするには心の網を常に細かくしておく必要があります。
運は自分から呼び込むこともありますが、向こうから勝手にやって来ることも多いのです。

どんなときでも運を掴むようになるには、日ごろからの訓練も必要なのかもしれません。

例えば「自分は運なんて来ない、不平等だ」と思っている人もいるでしょう。
でも、考え方次第なのです。
運がないと嘆いている人は、パーティーなどのビンゴ大会でも、何にも当たらないでしょう。
でもこんな時こそ、ハズレたことを喜んでみては??
欲しくもない、使わない物が当たったことで、「もしかしたら何かを失ってしまっているのかもしれない、こんなもので運を使いたくない!ラッキーだ!」と。全て考え方次第です。

そして、「自分は運がいい!」と思い込むのは大事なことです。
そう思うことで本当に幸運を引き寄せているのです。
成功者やお金持ちになった人は、とにかく自分は強運で、だから上手くいったと思っていることが多いのです。
日常の些細な小さなことにでも、自分は運がいいと受け止めているものです。

あとは、自分から運を掴みに行くことも大事なことです。
例えば「向こうの青信号も間に合うようにしたい!」と走って、間に合って、渡れて、結果運がいい!と思えるのです。
運が悪いと思っている人は、このような小さな瞬間も見逃しているのです。

運とは、後から分かることがほとんどです。
「そういえばあれが運だったな」とか「結果的に運がよかった」と後から気づくものです。
なので自分のところに来たものは、とりあえず何でも受け入れようとすることが大事。
その中で、自分に必要ないもの・怪しいと思ったものを断ることも運なのです。

「運も才能のうち」という側面もあるので、起きたことをどう捉えるかということも大事ですね。

成功者や努力した人こそ、「自分は運が良かっただけです」と言いますよね。
「自分は天才だから」とか「人一倍努力してきたから」とかは絶対に言いません。

その言葉を真に受けて、「運が良かっただけのくせに」とか言って、相手を攻撃したり非難したりするような人は、その時点で自分が運を失っていることに気づかないといけません。
人の足を引っ張っても、人を非難しても、自分のところには運は回って来ません。

他人を羨んだり、妬んだりしている暇があるのなら、いつ自分のところに運がやってきてもいいように、スキルや腕なりをしっかり磨いておくべきです。

そして、いいこともあれば悪いこともあります。
悪いことがやってきても「やっぱり私って本当に運が悪いんだ・・・ついてない」と思うのではなく、ここで悪運を使ったから、後でいいことがあるはずと思えばいいのです。

よく悪運を過去の出来事と結びつけて「ジンクス」みたいに考えてしまい、気持ちがネガティブになってしまう人もいるようですが、悪いことの後にはいいことがある!と思って前向きに過ごせば本当にいいことがやってきます。

何事も考え方次第で、本当に幸運を掴めるようになるのです!

 

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。