見た目の美しさだけではなく、内面の美しさも磨きたい!と考える人は多いものです。
性格のよさ、人当たりのよさなど、一言で内面の美しさと言っても基準は人それぞれですが、共通して言えるのは「自己肯定感があること」です。
今回は、自己肯定感が高いとどうして内面が美しいように見えるのか、お伝えしていきます。

まず、自己肯定感とは・・・?

自己肯定感とは、自分の生き方や在り方を肯定的に捉える感情です。
自分で自分を見つめなおした時に、「自分って結構悪くないな」「よくやっている方だと思う!」とポジティブに捉えることができるのであれば、自己肯定感が高い証拠です。

反対に、「何をやってもダメな人間だ…」「どうせ大した人間じゃない…」と否定的な考え方ばかり浮かんでしまうのであれば要注意!
自分に対する評価は、人からの評価にも繋がります。

なぜ、自己肯定感が高い人は、どうして印象がいいのか・・・?

自己肯定感が高いと、自然と自分に自信があるように見えるものです。
悪い意味で「自分が大好き」な人とは違い、人に対する配慮や思いやりの気持ちが高いのも特徴として挙げられるでしょう。
では、どうして印象がよく見えるのかを1つずつ確認していきましょう。

何事にも積極的だから

成功しても失敗してもポジティブに捉えられるくらい自己肯定感が高い人は、新しいチャレンジにも積極的です。仕事の場でどんどん発言したり、新しい出会いを求めて交友関係を広げたり、今までのタイプと違う人と恋愛してみたり、自分の世界を広げやすくなるでしょう。
「前向きな人」「行動的な人」という印象を与えられます。

人への気遣いが上手だから

自分を大切にする人は、同じように他人も大切にする傾向にあります。
人がどうされたら嬉しいか(嫌か)を無理なく判断しやすく、先回りした気遣いができるようになります。
「気の利く人」「思いやりのある人」というイメージを持たれやすく、自然と人からの評価も高まります。

共感力が高いから

話を聞いてもらうことは嬉しいことだというのを理解しているため、共感力高く人に耳を傾けることができます。友人に辛いことや悲しいことがあれば一緒に悲しみ、嬉しいことがあれば一緒に喜び、喜怒哀楽豊かな生活が送れるでしょう。
「聞き上手な人」「優しい人」という印象を与えられます。

ポジティブ思考だから

人は、一緒に過ごす人から大きな影響を受けます。
ポジティブ思考な人と一緒に過ごす時間が長くなれば自分もポジティブ思考になることがあり、物事を肯定的に捉えやすくなるでしょう。
「人の失敗やミスに寛容な人」「ストレス耐性のある人」と思われやすくなります。

くよくよ悩みすぎないから

嫌なことがあって凹んだり自信をなくしたりすることがあっても、根底に自己肯定感がある限り、また立ち上がれます。
「もう1度やってみよう!」と奮起する力が強く、少しのことでめげない、タフな性格になるでしょう。
「いつも笑顔でいる人」「つよい人」というイメージに近くなります。

人を愛し抜く力があるから

自分に自信があるため、同じように人を愛したり自信を持たせたりしやすい人であることも特徴的です。
相手が異性であっても同性であっても、家族であっても友人であっても、ちょっとの失敗やトラブルに囚われず愛し抜くことができるでしょう。
「一緒にいると安心する人」「なくてはならない人」という立ち位置を得やすくなります。

では、自己肯定感が低い人はどうすればいいか?

自己肯定感が高い人にメリットが多いと分かっていても、どうしても自分で自分のことが好きになれず、落ち込みがちになってしまう人もいるでしょう。
だからといって、諦める必要はありません。
どうしたら自分のことを認めてあげられるか、いくつか方法を紹介します。

1・小さな成功を積み重ねる
「朝少しだけ早く起きる」「週に2回は夕飯を手作りする」など、内容は何でも構いません。
小さな成功を積み重ねていくことで、「できた!」という実感を得ることが大切です。
最初から大きなことにチャレンジしようとすると壁にぶつかって挫折してしまうこともあります。
まずは無理ない範囲での努力から始め、できた自分を褒めていきましょう。

2・2つの側面から物事を捉える
1つのことが起こった時、まずネガティブな方向から捉えてしまうこともあるでしょう。
そんな時は、無理にでもポジティブな意見を探してみましょう。
「予報が外れて突然雨が降ってきた」ということに対し、「服が濡れる」「じめじめして嫌」という感情を持つことは簡単です。
ネガティブな感情を持つこと自体を否定する必要はありませんが、「最近乾燥しがちだったから加湿になっていいかも」「可愛い傘でも買っちゃおうかな」というように、1つだけでもポジティブな考え方を探してみることが大切なのです。
繰り返しているうちに、自然と前向きな気持ちになるかもしれません。

3・無理に人に合わせない
嫌なことを全て我慢して人に合わせていると、無意識のうちに「自分よりも他人を尊重すべき」という思考に陥りやすくなってしまいます。
時には無理に人に合わせることなく、自分の気持ちや意志を優先してみるのもいいかもしれません。
「私はこうしたい」という意見を明確にするだけでも構いません。
自己中心的にならないよう気を付ける必要はありますが、ゆくゆく自分も他人も大切にする考えが養われます。

4・環境を整える
部屋を掃除する、自分に自信が持てるような少しいいものを身に付ける、髪型やメイクを変えてイメチェンするなど、形から入ることも時には大切です。
考えるより先に行動!というタイプの人におすすめな方法で、まずは物理的な面で自分に自信を持てるよう工夫していくのもよいでしょう。
思い切った行動をすることで、これまでなかった縁と出会うこともあります。
臆病になりすぎず、一歩踏み出す勇気を持つことも肝心です!

「内面の美しさ」と呼ばれる根っこには、揺るがない自己肯定感があります。
そのポジティブさや明るさに惹かれる人は男女問わず多いので、安心感や居心地のよさを与えられる人であることが分かりますね。

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。