玉の輿結婚とは、裕福な相手と結婚することで自分の生活も潤う結婚のことを指します。
女性が裕福な男性と結婚することを「玉の輿結婚」、反対に男性が裕福な女性と結婚することを「逆玉の輿結婚」と呼び、憧れの結婚スタイルだと言われることが多いですが、デメリットはないのでしょうか?

今回は、玉の輿結婚のメリットやデメリットについてピックアップしてみました。

玉の輿結婚のメリットは・・・?
早速、玉の輿結婚のメリットについてみていきましょう。

⓵生活に余裕ができる
最も大きなメリットは、生活に余裕ができることです。生活費や光熱費の節約を巡って苦労することがなく、買いたい時に買いたいものが買える幸せを実感できるでしょう。
経済的な余裕が出るためストレスも少なく、家事代行を頼むなど工夫すれば自分の時間も確保しやすくなります。

②色々な体験ができる
海外旅行やレジャーに出かけやすく、色々な体験ができます。
キャンプやアウトドアをはじめとする自然体験はもちろん、日本では見られない景色や文化に触れたり、お金をかけないとできないオプショナルツアーに参加したり、刺激的な毎日が送れるかもしれません。

③いざという時の出費に強い
病気が見つかり今まで通り働けなくなったり、事故に遭って補填をしなければいけなくなったり、人生何が起こるか分かりません。
いざという時のまとまった出費に強く、また一時的に収入が途絶えてもしばらく安心して生活できるだけの蓄えを作れます。

④教育費に困らない
子どもの習い事や進学先を金銭的な理由で諦めることなく、何にでもチャレンジさせてあげられます。
私立の中高一貫や医歯薬系大学などお金がかかる道を望まれても、ドンと構えておくことができるでしょう。
また、お金を理由に家族計画を諦めずに済むのも特徴です。
ベビーシッターや家庭教師を頼みむことで、ワンオペにならず育児ができるのもメリットです。

⑤老後資金が潤沢になる
事前に老後資金を積み立てておくことで、高齢になり仕事ができなくなってからも豊かな生活ができます。
年金額が減り、自助努力が大切だと言われている今の時代において、将来を見据えた貯金ができるのは大きな強みです。
自宅にヘルパーを呼んだり、高級老人ホームに入ったり、自ずと選択肢も広がります。

⑥人脈が広がる
「類は友を呼ぶ」という言葉がある通り、お金持ちの周りにはお金持ちが集まります。
今まで付き合いがなかったようなタイプの人と付き合うことが多くなり、一流の生き方を体感できるでしょう。
今までこんな世界があるなんて知らなかった!というような体験もしやすくなります。

⑦趣味にお金をかけられる
自分の趣味にも、お金をかけやすくなります。
新しい車・カメラ・楽器・時計などを買いやすい他、演劇やコンサートにも積極的に出掛けやすくなるでしょう。
美容やファッションが趣味の場合、とことんお金をかけて美を追求できるのもメリットです。

 

では、玉の輿結婚のデメリットは・・・?
反対に、玉の輿結婚のデメリットについても確認していきましょう。

⓵人付き合いが特殊になる
高級住宅地に住んだり家族同伴での会社付き合いが増えたりすることで、人付き合いが一変します。
「自分とは育ちが違う」と感じる人ともまんべんなく付き合っていかなければいけないため、人間関係でのストレスに悩まされるかもしれません。

②自分もそれなりのスキルが求められる
裕福な人が結婚相手に求める条件は、決して低くありません。
家事のスキル・仕事での成果・見た目の美しさ・人付き合いや介護など、それなりのことを求められる可能性があります。
資金面でサポートしてもらうことが多いのであれば、それ以外の面で何か力になれるよう、自分にできることを探すことも必要です。

③離婚しづらくなる
万が一夫婦生活が破綻してしまった場合でも、離婚しづらくなります。
今ある裕福な生活を手放した場合、大きく生活水準が下がって耐えきれないという人もいるでしょう。
また、一度身に付いてしまった金銭感覚はなかなか元に戻らないものです。
生活をする上で我慢しなければならないことも増えていくかもしれません。

④自分のプライドが高くなる
人によっては、裕福になることでプライドが高くなってしまうことがあります。
憧れていたセレブ生活を自慢し続けて友達を失ったり、同じようにセレブな生活を送っている人に負けたくなくて張り合うように高級品を買ってしまったり、後悔することも多いものです。
例え玉の輿に乗っても、素直で謙虚な自分でいられるよう、慢心しないことが大切です。

⑤相手と過ごす時間が短くなる
裕福な人は、仕事や付き合いで忙しくしているものです。
仕事ばかりでなかなか家に帰ってこなかったり、休みの日も付き合で外に出ることが多かったり、共に過ごす時間が短くなるかもしれません。
社会的責任が大きい相手と結婚するリスクも考え、自分なりに楽しめる趣味を見つけることも大切です。

⑥相手の家を第一にしなくてはいけなくなる
立場上、相手の家を第一に考えなくてはいけないシーンも多くなります。
冠婚葬祭などのイベントはもちろん、年末年始やゴールデンウイークの帰省時は自分の実家を後回しにすることも出てくるでしょう。
両家の生活スタイルが違いすぎるあまり、親戚ぐるみでの付き合いには発展しにくいという特徴もあります。

⑦金の切れ目が縁の切れ目になる可能性がある
万が一相手の事業が失敗し多額の借金を負うようになってしまった場合、愛する気持ちがなくなってしまう夫婦も少なくありません。
お金目的で結婚すると、「金の切れ目が縁の切れ目」になることがありますので、注意しましょう。
貧乏になったとしても、慎ましく一緒に暮らしていきたいと思える人かどうか、結婚前にしっかり判断することが大切です。

玉の輿結婚は、メリットもデメリットもあります。
玉の輿結婚を狙う人は多いですが、デメリットにも目を向け、本当にその人のことを愛せるかどうかで結婚を判断するのがよいでしょう。
お金だけに囚われない結婚ができれば、お互い支え合いながら充実した生活を叶えられそうですね。

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。