婚活において大切なことは2つあります。

まず1つ目は「結婚相手の候補に出会うこと」。
そしてもう一つは「相手に結婚したいと思ってもらうこと」です。

当たり前のことですが、あなたがどんなに結婚したくても、相手もあなたとの結婚を希望しないと結婚はできないのです。

30代の女性によく聞くのが「早く結婚したいのに、彼にその気がない」という言葉です。
結婚したい気持ちが焦ればせるほど、男性の気持ちは離れていく...
結婚はタイミングと聞きますが男性が結婚したいタイミングは女性とは違うのです。

男性が結婚したいと思う瞬間を知っておけば、焦る気持ちも落ち着くはず。
今回は、男性が結婚したいと思うポイントをまとめてみました。

転勤や環境の変化があったとき

男性の結婚のタイミングに欠かせないのがこの要素。
男性は仕事中心で物事を進めている人が多く、仕事の転機のきっかけをタイミングにする話をよく聞きます。特に、転勤で遠距離恋愛のまま交際をするのか、転勤のスパンを考えると結婚をした方がいいのかなど。また、昇進や職場の移動においても結婚を考えるきっかけの一つです。

昇進して収入面が安定し、男性としての自信がついたとき
職場の異動や任されたプロジェクトが終わるなどで仕事に余裕が生まれるときなどです。
仕事が忙しい間はいくら彼女に「結婚したい」と迫られても、結婚へのステップを踏むことすら
考えられないことも…。
男性の仕事の状況をふまえながら結婚の話を進めてみましょう。

女性の家庭的な一面に癒されたとき

男性は家庭的な一面に触れたとき、やはり結婚した時の事をイメージする人も多いでしょう。
私の友人もその一人。彼女が「手際よく料理を作ってくれた」ことが結婚の決め手になったといいます。
深夜に帰宅したときに、冷蔵庫の残り物で美味しいごはんを作ってくれたことに感動したのです。
男性は、手際の良さと、冷蔵庫の残り物をうまくアレンジできる点に女子力の高さを感じるようです。
また、料理だけでなく掃除や身の回りのケアをさり気なくしてくれていると、結婚後の生活をイメージしやすいのです。
男性が脱いだスーツをシワにならないようにハンガーにかけ、消臭剤をふってあげる。靴が汚れていたら、磨いてあげる…などでしょうか。
普段華やかな女性も、細かな配慮ができたり家庭的な一面を見たときは、そのギャップで男性もグッとくるのではないでしょうか。
家庭的なスキルは日々の生活で培わるもの。日々意識して家事や料理のスキルを磨きましょう。

彼女が彼のお友達いや家族と仲良くしているとき

彼の交友関係を大切にしてくれる女性は、男性に安心感を与えます。
特に友達の多い男性の場合、結婚において一番恐れていることは「生活環境の変化」
結婚することで友人と過ごす時間を制約される…と不安に思う男性も多いのです。
そんな中、彼女が彼の友人と楽しく過ごしてくれたり大切にしてくれていれば、結婚後もこの生活を変えなくてもいいと安心するのです。

また、彼の家族と仲良くできる点はかなりポイントが高いです。
結婚後の家族との生活のイメージがつきやすく、家族が結婚の後押しをしてくれる可能性も…!
彼が結婚に二の足を踏んでいる場合は、まず彼の親しい人たちの輪の中で楽しく過ごせるよう努力してみることをおすすめします。

仕事に真剣に取り組んでいる彼女を見たとき

男性は、自分と同じように仕事を真剣に取り組む女性に魅力を感じます。
仕事の悩みを共感でき、共に歩んでいきたいと結婚を意識するのです。
また結婚するなら、共働きで家計を支えて欲しいと考える男性も最近では多いのです。
たとえ専業主婦になっても、仕事を真剣に取り組んでいた女性なら、家計も任せられると思われるのもポイント。
逆に仕事の愚痴を言ったりする女性は敬遠されることも…。

男性は仕事が嫌で結婚に逃げようとする女性とは結婚したくないのです。

結婚したいのであれば、目の前の仕事に真剣に取り組みましょう。そこからなにか見えてくるものがあるかもしれません。

 彼の一番の理解者でいてくれると感じた時

日々、仕事という舞台の中で戦っている男性にとってそばにいて欲しいのが「自分の一番の理解者」です。
いつもそばでねぎらいの言葉をかけ、こぼした愚痴に共感してくれる人を求めています。
時には「あなたは将来必ず出世すると思う。世の中を変えると思う。」
そんな大げさな言葉もかけてあげて!自分以上に信じてくれる人がいるだけで、原動力になります。

何かに悩んでいるなら、寄り添ってあげる事です!
彼の考えに、意見するのではなく、あくまでも聞いてあげ共感してあげること。
自分にはこんな理解者がいると思わせることが大切なのです!
自分を変えようとする女性より、自分の事をよく理解して支えてくれる女性と結婚したいと思うのは自然なこと。男性は「自分の一番の理解者」を決して手放したりしません。

 

いかがでしたでしょうか?

女性は出産時期を逆算して結婚に焦る瞬間があると思いますが、男性のタイミングは女性とは違います。
外的要因もありますが、彼女にずっとそばにいてほしいと心の底から思ったときかもしれません。

そんな風に思ってもらうため、相手の気持ちを尊重しながら、自分にできることを一つずつしていきましょう。
くれぐれも、過度なアピールはやめてくださいね。あからさまなアピールは引いてしまう可能性大です!

また、結婚したい相手が見つかっていない方は、結婚相談所に相談してみましょう。
最初から結婚したい相手を探せば、「結婚したいのに、彼にその気がない!」などの心配は無用です。

婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。