都合のいい女⁉自分とは無縁だと思っていませんか?
でも知らないうちに都合のいい女になっている可能性が。

彼のことを好きだからといって何でも彼の言うことを聞いてばかりいる。
気づくと自分は都合のいい女として見られてしまっている。。
一度都合のいい女として見られてしまったら再び元の自然な関係に戻るのは非常に難しく、最悪の場合彼に本命が別にいたなんてことも・・・今回はそんな都合のいい女にならないために注意したいことについて調べてみました。

彼の言う事をすべて聞き入れない

大好きな彼の言うことならなんでも叶えてあげたい、自分に出来ることなら何でもしてあげたい、と思う女性も多いかもしれません。女性に頼ってくる甘え上手な男性が好きという人もいるのかもしれません。男性のために何でもしてあげて、何でも出来てしまうしっかり者の女性に、甘え上手な男性はついてくるものです。きっと彼らは分かるのでしょうか。
いつでもいうことを聞いてくれる女性はすぐに都合のいい女性として扱われてしまいやすいです。
例えばお金が足りないといわれればすぐに貸してあげたり、移動手段を用意してあげたり、身の回りのお世話など全てしてあげるのは、もちろんよくありません。
体の関係もあなたの体調がすぐれなかったり、気が乗らなければ断っても問題はないのです。
嫌われるなどと思わないで、自分自身を大事にしましょう。
どうしても男性ができない事や、困っている時に助けてあげるくらいにしておかないと、彼にとってあなたは、何でもしてくれる都合のいい女・身の回りの世話をしてくれる母親みたいな女性としか思わなくなるでしょう。

自分の意見をきちんと伝える

好きな相手には嫌われたくない、よく見られたい、などの理由からついつい本当の自分を封印し、彼の気持ちや意見にばかり同意してしまうこともよくある事だと思います。
彼に嫌われたくないからと自分の気持ちを抑え、あやふやな返事ばかりせずに、間違っていることは間違っていると伝え、嫌なことも嫌だと伝えてみましょう。
付き合う二人は対等でいいのです。彼に遠慮したり自分を偽って見せていると、付き合っていてもどっと疲れてしまいます。我慢する関係では、長続きはしないでしょう。
彼はあなたが何も意見を言わなければ、何でも自分のわがままが通ると思い、どんどん二人の関係が壊れていってしまいます。
好きな相手だからこそ、本当の自分で向き合ってみてください。彼も相手を思いやる優しい気持ちが芽生えてくるはずです。

彼を尊重し大事にする

あなた自身も彼のことを大事にせず、ドタキャンを繰り返したり、嘘をつくなどの行為を繰り返したり、彼の気持ちを裏切ったり、やさしさの欠ける言動を繰り返していると、彼からもあなたに同じことをしていいのだと思われ、軽く扱われても仕方がありません。
都合のいい女として扱われないためにも彼のことを大事にして、彼を裏切らない、彼との時間を尊重していくことが重要です。

彼に依存し過ぎない

彼が好きだからといってその気持ちを彼に押し付けすぎたり、何をするにも彼に頼り過ぎているのもよくありません。まずは自立して、自分の生活や自分の時間・趣味を大事にし、彼中心の生活はやめましょう。
彼との関係を大事にしたいのであれば、同じように自分自身も大事にするべきです。
自分磨きを怠らない、一人時間を楽しめる女性は、誰が見ても魅力的に見えるでしょう。
何でも彼を優先させてしまうと、彼は何があってもあなたが離れないと思いこみ、あなたに無理難題を与えてきます。あなたも我慢や不満がたまり、二人の関係もギクシャクしてきますよね。
二人の関係を長く穏やかに続けていくためにも、彼に依存し過ぎるのもほどほどにしましょう。

ネガティブな言動はやめる

自分のことを責めたり、嫌いになると自分でも気づかないうちに自分を卑下した行動をとるようになってしまいます。
不平不満を言っている女性の姿は、周りも不快にさせますし不幸にします。
彼の前でもネガティブな発言ばかり繰り返していると、彼もあなたのことをそういう目で見てきたり、そういう女性なんだと思うようになります。
あなたのことを彼女というよりも、都合のいい女として扱うことになるでしょう。
彼女にするなら自立したポジティブな女性が選ばれるのは間違いないです。
選ばれる女性になり本命彼女になるには、何事も相手のせいにするのではなく、まずは自分の行動や言動を見直してみましょう。自分が変われば相手もきっと変わるはずです。

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。