婚活をするにあたって、その人の人柄を表すものがプロフィールです。

一番最初に相手に見られるものであり、まずはそのプロフィールを見てからこの人と会ってみようと思われなければなりません。
いざプロフィールを書くとは言っても、履歴書のような堅苦しいものでは、生真面目で面白みのない人間と思われてしまいますし、何より貴方らしさがアピールできません。

婚活を制するものはプロフィールも制す!とでも言うように、成婚へ繋がる近道としてプロフィールで自分自身をアピールする他ないのです。
そう考えるとプロフィールの作成といっても結婚相談所によっても項目が異なってきますが、数ある中から自分を見つけ出してもらうべく、インパクトのあるようなプロフィール作成が必要不可欠となってきます。

今回はお見合いに繋がる一歩前の好印象を抱かれやすいプロフィールについて、ご紹介していきます。

一番目に付くのはプロフィール写真!

やはり男女共通として一番最初に見るのはプロフィール写真ですよね。
どんな相手なのか写真を見てから文章を見始めるという方がほとんどかと思います。

人間が印象を決めるものとして、言語情報・視覚情報・聴覚情報の3つから第一印象が決まるといわれており、その中のひとつでもある視覚情報にプロフィール写真が当てはまります。
3つの情報の中でも視覚情報が一番比率が高く、プロフィール写真でプロフィールの文章をしっかり見てもらえるのかが決まってきてしまうのです…。

そんなプロフィール写真ですが、比較的簡単に考えている方が多く、自分で撮影したり誰か友人に撮ってもらった写真を利用している方がほとんどと言われています。

視覚情報によってほとんどの第一印象を決められてしまうので、せっかくですからプロのカメラマンにロケ撮影を依頼したり、写真館でしっかりと決まっている写真を利用してみてはいかがでしょうか?
最近はインターネットでプロのカメラマンに簡単に依頼することができますし、せっかく依頼するのであれば、背景が綺麗な景色の場所で撮影すれば、実際にお見合いした際の会話のひとつとして盛り込むことも可能です。

プロに依頼することで、写りも文句なしの写真になりますし、人生の伴侶と出会えるチャンスなので、せっかくのチャンスを無駄にすることのないようにプロフィール写真にもしっかりこだわっていきましょう!

自己PRは男女で書き方がちがう!

プロフィールの中でも自己PRでその人の人柄がわかってしまうと言っても過言ではない程、プロフィール写真の次に大切な項目と言えます。
そんな自己PRですが、男性と女性によって書き方を変えた方が良いということをご存知ですか?

結婚相談所のプロフィールということで、どんな人も本気で結婚相手を探しに来ているので、男性だったら”女性への配慮や理解があります”といったアピールを記載し、反対に女性であれば”女性ならではの女子力があります”といった内容のアピールを記載すると良いでしょう。

【男性の自己PRの場合】
いざ女性への配慮や理解があります!といった内容が好印象とはいっても、具体的にどういった内容なのだろう?と疑問に思う方も多いはずです。
趣味ひとつとっても、人によって趣味は違いますし、すべてが同じ!という人間と出会うには地球上をめぐり歩いても、ほんの一握りしか出会うことができないでしょう。
そこで、’ 自分の趣味はもちろんパートナーとなる相手女性の趣味も理解し受け入れ、一緒に楽しめたら ‘といった一文を入れるだけでも、女性としては嬉しい気持ちになりますし、女性側も一緒に趣味を楽しみたいと好印象を抱くきっかけになります。

【女性の自己PRの場合】
続いて女性の自己PRですが、女子力とはいっても何を書けばいいんだろうと悩んでしまいますよね。
女子力と聞くと料理が上手!というキーワードを頭に思い浮かべる方も多いかと思いますが、料理が苦手なのに料理が上手と書いてしまうと、後々自分を苦しめてしまうので、料理が上手ということは記載しない方が良いかと思います。
では何を書いたら良いのか、ということですがおいしいご飯のお店を知っている、こんなカフェによく行きます、といった女性ならではのリサーチ力を敢えてアピールすることで、お見合いに繋がった際の話題提供のひとつとして挙げることもできますし、おすすめのお店に一緒に行きましょう!といったデートのお誘いもできてしまうので、食べ歩きなどが好きな方にはおすすめです。

結婚相談所でのプロフィール項目って何があるの?

結婚相談所によってプロフィール項目も違ってくるかと思いますが、基本的な項目はほとんどの結婚相談所で共通項目として挙げられます。
*名前
*生年月日
*身長と体重と血液型
*最終学歴
*職業
*およその年収
*現在住んでいる場所

これはマッチングアプリや婚活パーティーなどのプロフィールにも共通しているので、記載しやすいのではないでしょうか。
それ以外にも結婚相談所ならではの結婚相手に対して望む条件などの項目も挙げられます。

結婚相談所は将来結婚する相手を探しに来る場所でもあるので、ご両親との同居についてだったり、離婚歴があるのか、絶対に妥協できないポイント、譲り合えるポイントなどをしっかり記載しておくことによって、お互いにしっかりと将来を見据えて考えることができます。

結局は文章力がなくても、気持ちが伝わればOK!

今回はプロフィールの書き方だったり、こだわるポイントについて簡単ではありますが紹介してきました。
いざ自分のプロフィールとなると、自分を客観視するのも難しいですし、普段からプロフィールを書く機会もないので容易なことではないですよね。
またプロフィール写真ひとつ取っても、プロカメラマンに依頼するほどでも…なんて考えた方もいたでしょう。

婚活は相手がいてこそなので、相手にまず好印象を持たれるように、ということから始まります。
自分は文章を考えるのが苦手…という方も、拙い文章で見向きもされなかったらどうしよう、と不安になる気持ちもよく分かります。
ですが、やはり文章に気持ちが乗ってなければ人の心に響くこともなければ、この人と話してみたいと思われることもありません。
文章を書くことが苦手でも、思ってもないことを書くなんてことはご法度ですし、読んでもらえる相手への感謝の気持ちを乗せて文章を考えてみてはいかがでしょうか?

 

相手探しに苦悩、婚活に焦りやうまくいかない悩みがある方はぜひご相談ください。
あなたの魅力が最大限引き出せるように、アドバイスします。いつでもお待ちしております!!!

婚活のご相談・ご入会をご希望の方は、ブライダルサロン・Brillante下記メールフォームから、
ご希望の日時をご連絡ください。すぐにご連絡させていただきます。